北海道 2月 釧路・川湯温泉・網走の旅 その2

01_北海道

2日目は釧路からJRの川湯温泉駅に向かいます。

朝はのんびりしたかったので、8:57の便には乗らずとなると
14:14まで列車はないので、それまでは釧路をのんびり散策します。
散策してたら、小学校の校庭でスケートをしている子供を発見!
雪国ってこんなことができるんですね。
スケート場自体見るのが珍しい県の出身者としてはうらやましい限りです。

釧網線のSL列車も走っていきました。

12:00 和商市場

お昼ご飯を食べに和商市場に向かいます。すると、定休日の文字が!!
本日は日曜日なので、お休みということをチェックし損ねてました。
さすが市場です。訪れる方は気をつけてください orz

釧路駅の近場で食べれるところを探して散歩してたら、
ラーメン純粋さんを発見。寒いので、温かいラーメンはありがたい。
味噌ラーメンを頼んでおいしくいただきました。

14:00 JR釧路駅

14:14に釧網本線の網走方面向かう電車に乗ります。
北海道で電車を使う人はあまりいないだろうと、
油断していたら電車は満員となりました。
なんでかというと中国の春節にかぶってしまった模様。
電車の中では中国語で溢れます。
となりに座ったおばさんに話を聞いたら、普段はこんなに混まないとのこと。
旅行をするときは中国の春節は外すようにしましょう。
観光地はどこでも混むみたいです。

窓の外の景色は夏に見た釧路湿原の後継とは異なり、
雪景色一色となります。冬の北海道旅行もいいものですね。
普段見ない光景は、気分を高めてくれ別世界に入っていくようです。

16:00 川湯温泉駅

2時間電車に揺られて、本日のお宿がある、
川湯温泉駅に到着しました。
駅の中に足湯があって、さすが名前に温泉ついているだけのことがあります。

川湯温泉は湯量も豊富で源泉かけ流しの宿も多く泉質も評判の温泉郷です。
駅の前にバスが待ってくれておりそれに乗ってお宿に行きます。
川湯温泉はお宿が固まっているので、このバスでほぼすべてのお宿の近くに
連れて行ってくれます。料金は200円前後になります。

16:20 欣喜湯

バスで10分ほどでお宿欣喜湯さんに到着。
近場に足湯がある公園がありました。気持ちいい散歩ができそうです。
お宿の詳しい紹介はこちらへ で。
コストパフォーマンスに優れたお宿と思いました。
特にお風呂がよく、色々な温度と濃さが分かれた温泉は飽きもこない感じで、
かなりの時間お風呂に入って堪能しました。

20:00 屈斜路湖

夜の星を見るツアーで屈斜路湖に行きました。
摩周湖のツアーの方が周囲が真っ暗でさらに星がよく見えるとのこと。
確かにそこまで全面に星が広がっていない・・・。
綺麗にはみえるんですけど、摩周湖の方がよいかもしれません。

今日はここまでで就寝です。

コメント

  1. […] 今日の夕食のため、日の出寿司さんへ向かいます。地元密着の寿司屋さんで、訪れた時も地元の方と思われる人たちがいらっしゃいました。以前、たまたま入ってお気に入りの寿司屋さんです。ここのウニは甘くておいしいですよ。 店には料金表がないので、かなり注文が怖い感じがするのですが、大将が「にぎりにするかい」と確認されるので、ハイと答えると、おすすめを適当に握ってもらえます。これが多分2500円位です。位というのは追加注文したので、今いち金額がわからないため。金額はかなり適当なんじゃないかと心配になりますが、お安めなので特に心配は不要です。私はお酒は注文しなかったのですが、飲む場合は料金を確認した方がよいかもしれません。 次々と握りが提供されます。えんがわと北寄貝。これは普通かな。 ボタンエビとサーモン。ボタンエビは甘みが強く弾力もあっておいしいです。 かにとつぶ貝。つぶ貝独特の磯の香りが口の中に広がります。こりこり触感でしばらく堪能。 まぐろと何か(忘れてしまいました。)。 うにといくら。ウニが特に美味しかったです。臭みがないのは当然なのですが、甘みが非常に強く、口の中にねっとりと広がっていきしばらく堪能。ウニの甘味ってほかの甘味では出せない独特の海の旨味があるのでたまらないですね。いくらも味付け強めでプチプチおいしい。 ここまでが最初の注文で出てくるしなです。次からは通以下注文の品々。 しめ鯖。酸味が少なめで甘みが強い。非常においしいかったです。酸っぱいのが苦手なのですが、これはおいしく食べることができました。生をちょっとだけしめた感じです。 シマアジ。弾力と味のあぶらがのってておいしい。 たこといか。これは普通だなー。 これだけ注文して二人で6000円でした。ネタの割に良心的な価格でした。北海道なだけあってウニが非常においしかったです。また再訪したいと思います。ごちそうさまでした。 帰りの繁華街。人がそこそこいて活気がありました(写真は人のいないタイミングでとりました。)店は色々あるため、食事は困らないので、繁華街を散策して、良さそうな店に飛び込むでも大丈夫です。繁華街は釧路駅からフィッシャーマンズワーフMOOの方に向かって歩くとあります。 明日に備えておやすみなさい。 その2へ […]

タイトルとURLをコピーしました