身近な飲食店がどんどんつぶれていく。開店よりも閉店が多く厳しい情勢が続きそう

雑談
大井町(青物横丁)、蒲田周辺で活動していますが、
飲食店の閉店が2020年の9月で加速しているように感じられます。
テナントから退去するための契約解除の予告の相場が
3~6か月前となっているため、
コロナが4月で猛威を振るったことから、
5,6月で耐えられなくなりテナント契約解除予告したとしたら
これからさらに閉店が増えそうです。

しまっていく店について、
特に酒を提供する業態の店の閉店が多いです。

大井町や蒲田はオフィスビルが結構あり、
そのビジネスマン目当ての飲み屋が数多くある地域です。

ただオフィスビルで勤務するような業態の仕事は、
テレワーク可能なものが多く、
ランチ時でもかなり人が減ったなという印象があります。
体感5割減といったところでしょうか・・・。

私の勤務先でも8割ほどはテレワークで、
出社してない人がほとんどなのため、当然飲み会もありません。
お酒を提供するお店にとっては厳しい情勢が続きます。

蒲田の工学院通りという東京工科大学の通り道で、
飲食店がメイン商店街が200m程であるのですが、
そこだけでも5件店がつぶれてました。
飲み屋ではない飲食2件、飲み屋が3件です。
(写真にとってない店あり)
今のところお気に入りの店や人気店はつぶれておらず、
耐えてくれているのがありがたいところです。

アフターコロナの時代は、
オフィス街では人が減っているため
その街に適した店の量が確実に減少します。
その現象はまだまだ続きそうな気配で、
ランチ散策が好きな身としては寂しい限りです。

ただ、こういった悪い状況もその街の歴史なので、
周辺の様子を継続的にチェックしながら、
自分の気に入っている街の
変わりゆく歴史を記録していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました