プロテインバー評価/レビュー 比較について(一本満足バー等)

  • 投稿日2019.04.23、更新日2019.06.17
  • 健康
プロテインバー評価/レビュー 比較について(一本満足バー等)

プロテインバーの評価/レビューについて、色々なプロテインバーを、
成分、味、値段等を比較しておすすめを紹介したいと思います。

最近発売された、一本満足のシリーズでタンパク質を豊富に含んだ、
一本満足バープロテインチョコが発売され、
味はお菓子として食べれるレベルで、
成分はアメリカのプロテインバーと比較しても遜色なく
素晴らしい出来でした。

~~ただ、よすぎる品ゆえに品切れを起こしてしまい、
2019年04月現在ではなかなか手に入れるのが難しくなっています。 ~~

現在は関東ではコンビニやドラッグストアでも、
普通に購入できる状態になっています。

一時期は余りにも供給が追い付かない為、
完全に流通が停止する状態になりました。
2019年4月頃から下記の地域で販売すると公式サイトでは表記されていました。

現在地域限定(※)で、販売させていただいております。
(※販売地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、長野県、新潟県)

これに触発され、
なぜここまで人気が出ているのかの理由を他のプロテインバーと比較して説明したいと思います。
比較対象は
同じく国内メーカーから出ているウィダー inバー プロテインと
i-heabのランキング1位のBSN シンサ6プロテインクリスプです。
※追記:マツモトキヨシからオリジナルで出ているプロテインバーを追加しました。

入手しやすい場所

ネットではプレミア価格がついており、
値段が倍ほどになっているパターンが多いです。
定価で入手しやすい場所は大井町、蒲田周辺では、
ファミリーマート、マツモトキヨシは何とか入手できました。
他のドラックストア(サンドラック、Tomos等)では1回も入手できませんでした。
品不足なのかそもそも扱ってないのかいまいち判断がつきかねますが・・・。

いつまでこの状況が続くのだろうか・・・。
現在は製造ラインの増強中とのことなので、品切れが始まったのが2018/10で、
少し流通が回復したのが2019/4と考えると、
2019/8くらいには全国に十分な量が供給されるのでしょうか・・・。

比較(成分・マクロ)

アメリカで販売しているプロテインバーで、
i-heabのランキング1位のBSN シンサ6プロテインクリスプと成分を比較すると、
下記の通りになります。たんぱく質は劣っているのですが、カロリーは軽めでした。
国内のプロテインバーの比較対象としてはではウィダー inバー プロテインでしょうか。
そちらの成分よりも優れていますので一本満足バーの方がおすすめです。
やっと海外製品に匹敵するものが発売されてうれしいです。

成分 一本満足バー BSN, シンサ6プロテインクリスプ ウィダー inバー プロテイン マツモトキヨシ
エネルギー(kcal) 180 230 166 186
たんぱく質(g) 15 20 10.4 15.1
脂質(g) 8.2 6 8.6 10.1
炭水化物(g) 12.3 23 12.6 7.6
糖質(g) 11 2 11 ?
エネルギーあたりのたんぱく質(%) 8.3 8.6 6 8.1

比較(味)

一本満足バープロテインチョコは甘みを抑えたチョコレートクランチの味です。
カロリーを抑えた食品にありがちなケミカル感といった何かへんな風味はありませんでした。
普通のお菓子として食べてもそん色ない大変おいしい味です。
小さく分割できるように切れ目のようなくぼみがあり、
少しずつ食べることも配慮されており、日本メーカーらしい企業努力がうかがえました。

BSN, シンサ6プロテインクリスプ(塩タフィープレッツェル味)
も美味しいキャラメルバーといった感じで、こちらもケミカル感がありません。
こちらはおいしく食べれます。
大きさもこちらの方が大きいので食べ応えがあります。
私はこれを朝食によく食べています。
ただ、シンサ6(チョコレートクランチフレーバー)は、
一口めに結構なケミカル感を感じられ後から、
甘みを抑えたチョコレート・・・かなという味が広がります。
ちょっと癖がある分、食べにくい感じがします。

ウィダー inバー プロテインのベイクドチョコは、
しっとり系のチョコレートバーになります。
ブラウニーの食感でチョコレートがほんのりかおるおいしいお菓子となっています。
こちらは紅茶と食べれば普通のおやつタイムが楽しめそうです。

マツモトキヨシから発売されている、
matsukiyo LAB プロテインバーチョコストロベリー
はホワイトチョコの甘味と、ストロベリーの酸味がストロベリー味をうまく表現しており、
おいしいプロテインバーでした。
ただ、若干の苦み?のようなケミカル感がちょっとあり、そこはない方がいいと思いました。

味の評価としては
一本満足バープロテイン(チョコ) ≒
ウィダー inバー プロテイン(ベイクドチョコ) =>
シンサ6(塩タフィープレッツェル味) >
一本満足バープロテイン(ヨーグルト)>
matsukiyo LAB プロテインバーチョコストロベリー >>>>
シンサ6(チョコレートクランチフレーバー)
という感じになります。

比較(価格)

商品 1本あたりの価格(円)
一本満足プロテインバー 130
BSN, シンサ6プロテインクリスプ 212
ウィダー inバー プロテイン 140
マツモトキヨシ プロテインバー 120

一本満足プロテインバーとウィダーインプロテインは、
お店によって価格が前後すると思います。
シンサ6はi-herbの価格です。さすがに海外輸入になるのでお値段高めになってます。

総評

成分、味、価格の三拍子そろった一本満足プロテインバーが、
プロテインバーとしては一番お勧めになります。

早期の流通不足過少を切に願います。

健康カテゴリの最新記事