低糖質80kcalのアイスSUNAOのカロリーが1.5倍の120kcalに増えた。江崎グリコさん悲しいです

  • 投稿日2019.09.30、更新日2019.09.30
  • 健康
低糖質80kcalのアイスSUNAOのカロリーが1.5倍の120kcalに増えた。江崎グリコさん悲しいです
低糖質80kcalのアイスSUNAOのカロリーが
1.5倍の120kcalに増えた件についてレポートしたいと思います。

いつもの近所のまいばすけっとで、
店頭にある分購入してたのですが、
今回10個買った後にカロリーが120kcalに増えているのに気づきました orz

低カロリーがこの商品の最大の特徴と考えており、
この低カロリーにして、バニラアイスやチョコモナカを
食べている満足感が得られる!
というのが一番のセールスポイント私的には思います。
ですが・・・
カロリーが1.5倍の120kcalに上がってしまいました。

今までよく食べていたのが、食べる頻度が下がってしまいます。
80kcalで甘味のあるおやつというポジションだったのが、
100kcalを超えてしまいました。
・・・江崎グリコさん悲しいです(´・ω・`)

以下でどのように変更されていたのか、
新旧の比較をしつつレポートします。

変更箇所


ここでは私が一番好きなチョコモナカのSUNAOが
どこが変わったら1.5倍ものカロリーの変更があったのか、
原材料の表記を確認します。

旧表記

旧商品の表記は以下の通り。
豆乳が乳脂肪分より多いのが普通のバニラアイスと違う特徴かと思います。

無脂乳固形分:5.6%
乳脂肪分:1.1%
植物性脂肪分( 豆乳脂肪分 ):2.7%
原材料名食物繊維(ポリデキストロース)、 乳製品、準チョコレート、モナカ、豆乳、植物油脂/乳化剤、香料、 安定剤(増粘多糖類)、 甘味料(スクラロース)、着色料(カラメル色素、カロチン)、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)

新表記

新商品の表記は以下の通り。
豆乳の成分が下がっているのが見て取れます。

無脂乳固形分:6.9%
乳脂肪分:8.2%
豆乳脂肪分(植物性脂肪分):0.1%
原材料名 乳製品、準チョコレート、モナカ、砂糖、食物繊維(ポリデキストロース)、豆乳/乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、着色料(アナトー、カロチン)、甘味料(スクラロース)、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

気になる記述


旧表記と新表記を比較して気になる個所について。

乳脂肪が増えている

乳脂肪分の比率がかなり変わっています。
旧:1.1%
新:8.2%
植物性脂肪分は
旧:2.7%
新:0.1%
簡単に言うと、豆乳を減らして牛乳増やした感じです。

ただ、豆乳と牛乳のカロリー比率は、100gあたり
豆乳が46kcal、牛乳が67kcalとなっており、
約1.45倍の差があります。
乳脂肪が多い方がバニラの風味が増すかもしれませんが、
80kcalであの風味があるのが良かったのに・・・。

チョコレート成分が増えている

さらに原材料の順番に準チョコレートが
旧版だと上から3番目に
新版だと上から2番目に来ています。
チョコレートのカロリーは100gあたり587カロリーあるので、
これが増えるとカロリーアップにつながってしまう・・・。

そんな心配を横目に公式の説明には下記のように記述。
「 チョコ10%アップし、クリームも美味しくなってリニューアル。なめらかなアイスと、パリパリチョコが満足の組み合わせ。 」
やっぱりチョコレートが増えている orz
チョコレートはおいしいんですが、
この商品にはそういうのはあまり求めてないんです。

そういうチョコレートが多いのが食べたい時は
ジャイアントコーンかパルムを食べるので、
こっちはカロリー増やしてまで、そういうのは求めてなかったです。

まとめ


カロリーをあまり気にせず食べれる、
バニラアイス、モナカアイスというすごく重宝した商品でしたが、
100kcalを超えると若干躊躇してしまいます。
今までのようには買うことはないです。
値段が上がっても気にせず買う感じですが、
肝心の目的である低カロリーの個所が改悪されると・・・。

江崎グリコさん、どうぞカロリーを元に戻すか、
更に減らしていただければ幸いです。
期待してお待ちしております。

健康カテゴリの最新記事