わかめ羊 南三陸産のラム肉レビュー。おいしいですが高いのが難点。現地に行くのが楽しみです

自宅調理
南三陸のさとうみファームで
販売されているわかめ羊を購入したのでレビューします。

食彩の王国で紹介されたさとうみファームさんが作られているラム肉で、
放送当時の様子がものすごくおいしく見えたので、
前々から気になっていました。
日本ではかなり珍しい羊の畜産を宮城県の三陸でされています。
南三陸の特産品、高級わかめのしんをえさに混ぜられており、
これにより塩分とミネラルがうまく配合されおいしいお肉ができるようです。

わかめ羊の誕生の物語は、
http://www.tohoku-manufacture.jp/story/085.html
のページで詳細に記述されています。
震災復興の様子やなぜわかめなのか等、記述されています。

このように色々引き寄せられるエピソードを持つ
わかめ羊ですが、
配送料が1000円程するのと、そもそも300gが3000円ですので、
おいそれと買うことができませんでした。
しかしコロナ影響化で外出ができない今、
贅沢な晩御飯を食べるため注文してみました。

購入は公式ページのオンラインストアから購入できます。

ただ、
配送料が1000円程するのと、そもそも300gが3000円ですので、
おいそれと買うことができませんでしたが、
コロナ影響化で外出ができない今、
贅沢な晩御飯を食べるため注文してみました。

実食

商品が届きました。チルドではなく冷凍で届きます。
(ちょっと残念・・・)
解凍したときの様子。
普通の焼肉チェーン店で出てくるお肉くらいの厚さで、
ジンギスカンラム肉としてはやや薄切り。
味は臭みもなくおいしいですが・・・
解凍肉特有のパサついた肉が若干混じっていました。
輸送の冷凍庫と家庭の冷蔵庫を経由しているものなのでやむなし。
(解凍方法は自然解凍でゆっくりしました)
特に他のラム肉と比べてすごいおいしい!!ということはなかったです。

和牛と外国産のお肉は目指す方向性(赤身がうまいか脂がうまいか)
が異なっていることもあり、違いがはっきりしているのですが、
わかめ羊と東京で販売しているラム肉と比較しても
そこまで違いはありません。

他の肉との比較は以下のページで行っているので、
良ければ参照ください。
https://ujise.com/2019/10/15/post-2624/

おわりに

前から気になっていたわかめ羊は冷凍でもおいしくいただけたので、
今度は現地に行ってチルド保存されている(と期待している)
ラム肉をさとうみファームのバーベキュー場で
いただきたいと思います。

比較したことで改めて思ったのは最近のスーパーのラム肉って
すごいおいしい・・・。

コメント

  1. […] 食彩の王国で紹介していたさとうみファームさんが宮城県の三陸で作らている日本産のラム肉がオンラインストアで購入できます。下記のページでラム肉の詳細紹介していますので、ご興味があれば参照ください。https://ujise.com/2020/05/23/post-4404/ […]

タイトルとURLをコピーしました