ひたち海浜公園のゴールデンウィーク混雑状況とアクセスについて

ひたち海浜公園のゴールデンウィーク混雑状況とアクセスについて
ひたち海浜公園のゴールデンウィーク混雑状況とアクセスについて ひたち海浜公園といえばネモフィラが有名です。
ネモフィラブルーが彩る見晴らしの丘は、
空が青色になるとさらに映える色合いとなり、
一生に一度は見たい景色として数えられるのも納得の幻想的な景色となります。 ただ、ネモフィラが有名になったこともあり、
ゴールデンウィークの混在の状態がかなりすごいことになります。
高速道路の渋滞地獄を過ぎても、駐車場渋滞でさらに疲れることになります。
ここではその混雑状況と、
それでも簡単にアクセスできる方法を紹介します。 下記の情報は5/3のゴールデンウィーク真っただ中の状況です。
なので、他の日程でも同様かと思われます。

混雑状況(アクセス)

まず、ひたち海浜公園に車でアクセスするのは避けた方が無難です。
公園の管理者の方々も混雑するのは承知されているので、
ものすごい広い、広場を駐車場として公開しているのですが、
それでも全然足りない状態になります。
公園という特性上、人がしばらく滞在するので、
いったん満車とかになると、出ていく人の数が少ないので、
入るのが非常に困難になります。 午前9時の時点で、
別に公開している駐車場でさえ、どんどん埋まっていっている状態でした。
もともとある駐車場は満車寸前の状態。
さらに駐車しようとしてる車がすごい長さの列を作っていました。
11時ごろになるともはや入ることが困難な状態になります。
車で来られる方は少なくとも8時頃にはひたち海浜公園周辺に到着する、
予定を組まれることをお勧めします。 周辺のジョイフル本田に駐車して移動しようとしている方は、
警備員の方がこの時期は特に目を光らして監視されているため、
やめた方が、無難かと思います。
やましいことをしているため精神衛生上もよくありませんし・・・・。

混雑状況(園内)

公園自体はものすごく広大なため、確かに多いのですが、
公園の施設を楽しめることは可能かと思われる状態でした。
ただし、ネモフィラ付近は非常に混雑していました。
ただ、丘の上の方に行かずに下のほうだけでうろうろして写真をとるには、
特に混雑に巻き込まれないので、ネモフィラ見るだけなら、
全然楽しめるレベルの混雑っぷりだと思いました。 ↓感じで人の混雑をそこまで感じない風に写真を撮ることができます。
こっちは右側に人だかりが・・・。
うまい角度ならもっとネモフィラを綺麗に移すことも可能かと思います。
ただ、丘を登ろうとするとすごい混雑が発生。
丘までの道が混雑しているので、上から見たい方はそこそこ時間がかかりそうです。
中央の草原エリアは本当に広いので、
人の混雑を特に感じることもなく、のんびりと日向ぼっこを楽しむことができました。
食事処もかなり色々な個所に配置されているので、
並ぶこと1時間とか、ものすごいことになることはない感じです。
15分くらいで買い物可能な感じでした。
外のコンビニとかで買ってきた方が安いし早いので、そちらの方持ち込みもありかと思います。
フラワーガーデンのチューリップのコーナーも、
色とりどりのチューリップが咲き誇っており、
紫などの珍しい色のものも見られて、見ごたえたっぷりかと思います。
自転車で園内を一周するのもおすすめです。
ゴールデンウィークでそこまで混雑しておらず、
他の時期でも快適なサイクリングが楽しめます。
1週するのに40-60分程度かかり、十分運動した!!って感じを味わうことができます。
色々なゾーンもあり、景色が変わるので楽しいのでお勧めです。

おすすめのアクセス方法

車で行くのはすごい混雑に巻き込まれるのは必至なので、
最寄りのJR勝田駅からバスで行くのがストレスなくいくことができておすすめです。
バスの料金は片道400円かかるのですが、
セット券(入園券・バス1日フリー券)だと1080円がありますのでこちらがお得です。
それでもファミリーで行くには結構お金がかかってしまうのが難点ですが・・・。
バスの運行間隔も20分おきに来るので、
時間も気にせず公園滞在できるかと思います。
↓は2019年5月のものです。

総評

車で行こうとすると、混雑で疲れてしまい、
かなりきつい観光になりそうですが、
バスで来ると、そこまでではないので、
十分楽しめるレベルの混雑具合かと思います。
ネモフィラの景色は他では見られない綺麗な景色なので、
ゴールデンウィークのお楽しみに訪れてみてはいかがでしょうか!!

茨城カテゴリの最新記事