レジゴーをイオン品川シーサイドでやってみた。速く決済できて便利だが、万引き対策がきになる

レジゴーをイオン品川シーサイドでやってみた。速く決済できて便利だが、万引き対策がきになる
イオン品川シーサイド店で、
レジゴーのサービスが開始されてたので、
早速利用してみました。

結論から言うと、
レジ決済に待つ時間は短いし、
買い物途中で合計金額もわかるし、
ユーザにはメリットが多いのですが、
万引きし放題なように見えて店の被害が心配になるサービスでした。

レジゴーとは

レジゴーとは、
入口付近に用意されている貸出用のスマートフォンで、
利用者が買い物中に商品のバーコードを読み取り、
専用レジで会計するシステムとなっています。

専用レジでは支払い方法を選択するだけで、
買い物が完了します。

買い物をしながら商品をスキャンするので、
レジでの読み取り作業がなく、
レジ渋滞の緩和ができるようになっています。

メリット

今までの買い物と大きく異なる点は、
レジ前に商品の読み取りをするので、
レジ待ちが短くなる点です。
やはり、レジで一番時間がかかるのは商品読み取り作業なので、
これがなくなるのはかなりの時短につながっていました。

後は、子供が買い物をお手伝いするのには、
周りの迷惑にもならないから良いかと思います。
普通のセルフレジだと、
バーコード読み込み作業で子供がもたついてしまうと、
レジの進行を妨げたりして、やっている方も周りも
気を使いますが、
レジゴーだと周りを気にすることなく、
子供にお手伝いをしてもらうことが可能なので、
色々やらせてあげたい親御さんには良い機能だと思いました。

デメリット

なれてないからか、
買い物かごに入れる際、
バーコード読み取りを忘れてしまいそうなことがありました。
(妻が事前に気づいたので、事なきをえました)
危うく万引き状態になってしまうところでした。

レジ前に作業する、かつ、
それを再点検する仕組みもないので、
いつか読み取り忘れが発生しそうです。

会計前に「個数確認は行ったか?」の表示があるといいかもしれません。
もしくは、店員さんが商品点数のみチェックするとか・・・。

買い物の様子

レジゴー端末を置き場から入手します。
まだ開始したてのサービスだからか、
利用している人は少なめで、
用意している端末も十分にありました。

便利なサービスではあるので、
今後はもっと利用者も増えると思いました。
レジゴー専用のカートがあるので、
レジゴー端末置き場に端末を設置して、
商品を入れる際に、端末に読み取りをさせます。
端末は京セラ製でした。
京セラ製スマホは頑丈がうりなものを作っているので、
この使い方はあっていると思いました。
日本企業の活性化にもつながってほしいところ。
読み込んだ画面は下記のとおり。
買い物中に合計金額がわかるのは良いですね。
買いすぎ防止にもつながります。
買い物中、いつもの通り商品をどんどん入れていったら、
スキャンさせることを忘れ、気づいた時点で慌てて全部スキャンしました。
まだ慣れてないので、スキャン忘れには注意が必要です。

後は専用レジで、左側にあるコードを読み込ませ、
支払方法を選択し、支払いを行います。
ここからは通常のセルフレジと全く同じ処理を行えばOKです。
店員さんが専用レジについているのですが、
特にカゴの中の商品数を見るわけではなく、
重量の判定もないため、
万引きする人がいたり、
商品をスキャンし忘れている人がいる場合は、
それらを防止することが、現状できないように見えました。

店の売り上げが心配です・・・・。
レジゴー専用レジにも人がいたので、
カゴの中の商品数を数えるくらいはやった方が
良いのではないかと不安になりました。

まとめ

レジゴーは
レジの待ち時間が短くなる画期的なサービスでした。
今後も利用していきたいと思います。

ただ、利用者にはデメリットはないのですが、
店側には万引き対策をもっとやった方が良いのではないかと、
心配になったので、
今後、どのように改善されていくかを見ていきたいと思います。

自宅調理カテゴリの最新記事