ノースフェイスのベロシティ ニット ゴアテックスが普段履きに最高。履き心地等をレビュー

  • 更新日2020.08.01
ノースフェイスのベロシティ ニット ゴアテックスが普段履きに最高。履き心地等をレビュー
ノースフェイス(THE NORTH FACE)から2019年8月に発売された
ベロシティ ニット ゴアテックス インビジブル フィット
(Velocity Knit GORE-TEX®Invisible Fit)が
普段履きに最高だった件について
レポート、レビューしたいと思います。
GORE-TEXを装備しているので防水機能は完璧で、
履き心地はウォーキング用スニーカーと比べても遜色なく
長時間の歩行に耐えることができました。

※2020/1/10に再販されましたが、
下記公式ページでも売り切れになってしまいました orz
嫁さん用に買おうとしていたのですが・・・。
また、再販を待つか、実店舗で探してみます。
https://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NF51998
※2020/1/18
日本橋の実店舗で購入できました。
少しずつではありますが、再入荷もまだある模様。
ただ、ブラックは店に入ってもすぐになくなるようなので、
見つけたらすぐに買うのがよさそうです。


※2020/08/01
現在は実店舗でもオンラインでも普通に買うことが
できるようになりました。
https://www.goldwin.co.jp/ap/item/i/m/NF51998

東京のノースフェイスを扱っているショップに
在庫を聞いても黒色はほぼ完売状態となってしまっています。
次の入荷の状況について聞いてみたところ、
「秋・冬モデルとしてはもう入荷は見込めそうにないです。
おそらく来年春モデルで再度作ると思うので、
申し訳ございませんが、そのタイミングでまたご検討お願いします。」
と言われました。
グレー色ならば、まだ在庫がちらほらあるようなので、
グレーでも良い方は、お店を回ってみるとあるかもしれません。

ニットアッパーのシンプルなスタイルが
街中でもキレイ目に履くことができて、
見た目、履き心地、防水などの機能性を
全て満たした最高のスニーカーでした。

購入目的


街中で普段履きをしつつ、
雨が降っている際の防水用シューズを探していました。
さらに、職場にも履いていこうと思っていたので、
登山シューズのようなごつい見た目を避けて、
かつ、普通のスニーカーとして履けるものがないかと
探したところ
候補にニューバランス880 GORE-TEXや
カメレオン7が上がってきました。

ただ、ニューバランスは見た目が太すぎてスルー。
カメレオン7は雨の日の街中は滑るという致命傷があり、
スルーしました。
(詳細はこちらhttps://ujise.com/post-1653/

あまりいいのがないなと思っていたところ、
ベロシティ ニット ゴアテックス インビジブル フィット
の発売情報が流れてきたので、購入することにしました。

ベロシティ ニット ゴアテックス インビジブル フィットの情報


ノースフェイスのサイトの商品説明ページで
(https://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NF51998)
詳細な情報が記述されていました内容は以下の通り。
「デイリーで使いやすいカジュアルデザインの高機能防水シューズです。
ランニング&トレーニング向けに開発したスポーツシューズ
『Ultra Velocity』のXTRAFOAMボトム構造を採用し、
衝撃吸収性と安定性を向上。
シンプルながらデザイン性に優れるアッパーには、
ストレッチニットにGORE-TEX INVISIBLE FITメンブレンを
直接接着させることで、
防水透湿機能に快適な履き心地をもたせています。
また、表に縫製箇所を見せないニット成形に仕上げ、
軽量かつ優れたフィット感を実現。
突然の雨などの天候の変化を気にせず日常使いできる
防水シューズとして活用できます。」

カジュアルデザインとなっているので
ノースフェイスさんの方でも街中での使用を
想定されて作成されているようです。
確かにごてごてした登山用の見た目とは全然違います。

ユニセックス仕様なので、
メンズ、ウィメンズ共に同等のものが購入可能。

基本情報


重さが相当軽いです。他のスニーカーと比較してみると
コンバースオールスターが480g、カメレオン7が410g、
アディダスのウルトラブーストが310g、
ナイキのフライニットが240gとなっているので、
それらと比べても軽いです。
紐がなくニットアッパーのみのためでしょうか。

お値段はそこそこしますが、
GORE-TEXの防水シューズと考えると、
少しお高めといった印象。
GORE-TEXの防水シューズって1万円超えるのが普通なので、
私の中では何とか許容範囲内でした。
値段18,000円
重さ225g
アッパー撥水加工ストレッチニットアッパー、ゴアテックス
ソールVibram

アッパー


アッパーはすごくシンプルなニット形状。
ロゴもないのでなんにでも合わせることができて、
使用シーンを選ばないのがお気に入りです。

遊び用にも仕事用に来てもキレイ目に見えます。

靴ひもがないため、するっと履けるのもありがたい。
それでいて、歩いていてかかとがすぽすぽ抜ける感がないのは、
どういったつくりなんだろうか・・・。素晴らしい。
サイドの端にノースフェイスのロゴが小さく主張しています。

ソール


溝が浅く登山、ハイキング用というよりは、
完全に街中向けの仕様となっています。

やわらかめなので、街中であるくにはこのような
造りの方が向いている感じです。

厚みも普通のスニーカー位の幅があるので、
クッション性も十分にあります。

街中を長時間履いてみた感想。他シューズと比較


街中で長時間履いてみました。

長時間履いた内容としては、
新橋駅から日本橋駅までの往復約6km(寄り道あり)、
時間にして約2時間、
歩数では15000歩くらいになります。

感想としては、
このレベルの距離なら問題なく歩くことが可能という感じでした。
高機能ウォーキング用のスニーカーと比べてもそこまで遜色なく、
歩行性能は良好といえます。

さすがに足は疲れてきますが、
革靴やファッション系のスニーカーにある足に痛みがはしるといった現象は、
発生しませんでした。

ただ、ニットアッパーの柔らかさのせいなのか、
ニューバランス880のようなザ・靴に比べると足が固定されている感が少なく、
さらなる長時間歩行(20000歩以上)になると、
しんどくなりそうです。

街中での歩行性能を他シューズと比較すると
下記のような感じになります。
同列はほぼ同性能上に行くほど性能が高いです。
あと、自分の足に合っているかあっていないかもあります。
<>は超えられない壁のイメージ。
最上位は高性能ウォーキングシューズのイメージ。

ニューバランス880(かかと等のホールド感が良い、足に合っている)
アディダス ウルトラブースト(880と同等)
ニューバランスM990
ミズノLD40
アシックス GEL-kayano
ノースフェイス ベロシティ ニット ゴアテックス (←ここの順位)

<ウォーキングシューズ>====
カメレオン7
モアブ2 (ごついので少し疲れるけど、足は30000歩歩いても痛くなりにくい。軽登山向け)
リーガルウォーカー

<普通の靴(10000~15000歩位で足に痛みが発生)>===
ニューバランス574
スタンスミス
スピングルムーブ
アシックス ランウォーカー
コンバースのオールスター
コロンビア リラクゼーションシューズ

<ビジネス革靴(5000-10000歩位で足に痛みが発生)>===
アキレスの長靴
リーガル、スコッチグレイン等の革靴

雨の日の使用感について


この靴を買った一番の目的である、
雨の日の使用感についてレポートします。

以前、雨除けのため、メレルのカメレオン7を使用したのですが、
それは、駅や道路のタイル等のコンクリートより摩擦係数が
少なそうなところを歩くと、
普通のスニーカー (ニューバランスやアディダス等) より、
かなり滑って危ないことが、こちらの靴を買うきっかけでした。

それを踏まえ比較すると、ベロシティ ニット ゴアテックスの方が
滑りにくかったです。
体感的に普通のスニーカーとあまり違いが無いレベルだと思います。

ただし、マンホールや鉄の網(グレーチング)といった、
つるつる滑る箇所は滑るので過信せず注意が必要です。
(これらはたいてい、どの靴履いても滑りますが・・・)

軽登山の使用感について

千葉県の鋸山へ軽登山に行きました。
その時の使用感についてレポートします。

最初に結論を言うと、モアブ2のような登山靴に比べると
ソールがやわらかい分、足に負担がかかるなと思いました。
登山にはあまり向いていないと思います。

岩のごつごつとした個所では、
その凸凹が足にめり込む感覚が登山靴よりは多いような
感じがしました。

ヴィブラムソールを使用しているとはいえ、
ノースフェイスの公式ページでも
「ランニングやジムトレーニングに対応」と
説明されているので、やはり登山は登山靴を履くことをお勧めします。

下記のようななだらかな土の道ならいいです。
快適に歩けます。
下記のような石が多い道になると、ちょっと足が痛くなります。
特に石の出っ張りがめり込んで少しばかり痛いです。
ヴェロシティのソールがやわらかめなのが原因と思われます。
登山靴だとソールが固めなので、
この辺の痛みは少ない、もしくは、無いです。
ただ、少し濡れた石の階段だとあまり滑る感じがしないので、
むしろ安心して歩けました。
(濡れているのでむろん気を付けて歩く必要がありますが・・・)

まとめ

街中でキレイ目に使用できる見た目、
GORE-TEXを採用した完全防水の雨の日向けな機能、
他のスニーカーに比べても遜色のない歩行性能、
雨の日でもあまり滑らないグリップ性能、
これ一足で街中ではなんでも対応できる
素晴らしシューズだと思いました。

愛用して大切に履いていきたいと思います。

あとはどれくらいの期間履いていられるかの、
耐久性が気になるので、また後日追記でレポートしたいと思います。

カテゴリの最新記事